お肌の曲がり角 基礎化粧品 20代後半

お肌の曲がり角|肌の変化が気になる方へ

いわゆるお肌の曲がり角は、25歳くらいを境目に徐々に始まっていきます。

 

このころになると、肌の回復力が弱り徐々にしわやシミ、たるみなどが増えてくることになります。この頃に肌のケアを怠るか、それとも徹底して行うかで今後の肌の状態に深く影響してくるといっても良いでしょう。

 

お肌の曲がり角に合う基礎化粧品ランキング

 

若いころは皮脂の分泌も活発で肌のターンオーバーのサイクルも短いので肌の生まれ変わりも早く、化粧品にはこだわらなくても洗顔などがきちんとできていれば問題ないと言えます。

 

ところが20代後半になると肌も乾燥しはじめ角質化しやすくなりますので、この頃から良い基礎化粧品を使って肌に潤いを与えていく必要があります。

 

肌が若さを保つのに最も大切な成分がコラーゲンです。

 

コラーゲンは細胞と細胞の間をつなぐもので、柔らかくスポンジのように吸収します。このスポンジが肌に弾力とハリを与えてくれるのですが、このコラーゲンも加齢とともに生成が少なくなってしまいます。

 

このコラーゲンの弾力機能が衰えると肌にハリがなくなり、たるみの原因になります。また、シワは、コラーゲンが衰えることによりひずみが出て萎縮してしまったものです。

 

このように歳をとって、シワやたるみになる原因はコラーゲン不足です。

 

そのため、20代後半からはコラーゲンをたっぷり補える基礎化粧品がとても効果が高いといえるのではないでしょうか。とはいっても、このコラーゲンはそのままでは肌の奥まで浸透できないので肌に浸透するために低分子化やペプチド化などを行い潤いを保つようにします。

 

アテニア基礎化粧品は、使ったその日にお肌のモチモチ感を実感することができます。

 

20代後半向け|基礎化粧品ランキング