保湿力の高い 化粧水

保湿力が高い化粧水はコレ

10代〜20代前半までの女性のお肌は、セラミドが豊富にあります。しかし、25歳以降になると、そのセラミドは徐々に減少します。

 

20代前半、20代後半、年齢的には数歳の差であるかも知れませんが、この20代後半の時期と言うのは、非常にお肌が変化する時期でもあります。

 

実際に、カサカサの乾燥肌の人や、肌荒れの多い人のお肌、老人性乾皮症の人のお肌、40代以降の女性のお肌を見ると、セラミドの量は、確実に少なくなっているのが分かります。

 

将来、そのようなお肌のトラブルに悩まないためにも、20代の今のうちから、保湿力の高い、年齢に合った化粧水を使用しましょう。

 

20代後半の肌に合う保湿力をもった化粧水

 

■30代以降に差が出る?20代の基礎化粧品選びは、とても重要

 

20代のうちは、正しくスキンケアをしている人と、そうでない人の差は、さほどないと言えますが、30代になると、その差はひと目見ただけでも分かるようになります。

 

20代のこの時期に、正しく化粧水を選んでおけば、30代になった時、同世代の女性に差を付けることもできます。

 

では、具体的にどんな化粧水を選べば良いのでしょうか?

 

20代のお肌に、1番必要なのは、保湿ケアです。乾燥は、さまざまな肌トラブル、老化の引き金になりますから、この時期は、最も、保湿力の高い化粧水を利用するのが理想です。

 

保湿力の少ないものになると、お肌の表面は充分でも、お肌の内部までしっかりと潤わせることができなくなってしまいます。そうならないように、保湿力は高めのものを、選ぶようにしてください。

 

20代後半から始めたい保湿力が1ランク高い化粧水はコチラ